戦略委員会 ベンチマークレポート  9月23日㈫ am 11:00~ 堺産業振興センターにて
 第5回 エコリンピック    (主催 株式会社 堀内機械)
株式会社 堀内機械  (創業73年)  製造業 (主に油圧シリンダ)
本社  堺市堺区老松町      社員数 270名
M・Mさん (飲食業)
第5回目のエコリンピックを見学させて頂きました。
廃材を使って1作品1000円以内でつくるというルールで様々な
作品が展示されていました。
社員さんだけではなくて、協力業者さんの出品もありました。
爪楊枝やダンボール、ビス、ペットボトル、発泡スチロール、あき缶、
などなどの廃材がアイデアで見事に生まれ変わって
楽しいおもちゃや、綺麗なオブジェになっていました。
業者さんの子供が数名いらしたのですが、
もっとたくさんの子供たちに見せてあげたいと感じました。
「こんなわくわくするおもちゃが廃材から出来ているんだ」と見ただけで
きっと夢が広がる気がしました。
また、このイベントは270名の社員さんの集う、1年に1度のコミニケーションの場にもなっているということでした。
土肥副会長からは、市など行政も巻き込んで取り組んではという意見も出ていました。
本当に素晴らしい取り組みなので、もっとたくさんの方に参加してもらって、
作品も見てもらえればと思いました。
又、Qビックという性格判断手法も、レクチャーして頂きました。
とても緻密に、自己分析ができる手法で
当たりすぎていて、びっくりさせられました。
堀内機械さんでは、新卒採用時に、このQビックを使って退職率を大幅に下げられたそうです。
又、既存の社員さんの配属などを決める参考にも活用されているそうです。
TAのように、いくつかの質問に答えて分析するのですが、
分析ソフトが約180万(・・;)
自社でも取り入れられるようがんばります。
又、受付や誘導の社員さんのおもてなし力の高さにも感動しました!
70年の歴史ある堀内機械さんの取り組みを
体験させて頂き、勉強させて頂きました。
ありがとうございました。
堀内社長にインタビュー
Q 堀内さん、何故このような催しを始めようと思わられたのですか?
A  きっかけはリーマンショックです。
  弊社もその影響をもろにうけ4割落ち込みました。しかし、このような時こそ何か楽しいことをしよう!そう思いまして始めました。
Q エコリンピックというネーミングからも楽しそうですね。
A 初めは廃材文化祭というネーミングでした。でももっと皆さんに気軽に参加して楽しんで欲しかったのでこのネーミングになりました。
Q 堀内さん、今後このエコリンピックをどのようなイベントにしていきたいですか?
A もっとスケールを大きくしていきたいとか宣伝活動しようとかはありません。
  私の想いとしては、社員さんの家族、特にもっと・・・子供さんが沢山きてくれるようになるといいな・・・それだけです。
なるほど、堀内さんらしい素敵な願いですね! 本日は本当にありがとうございました。

堀内機械開会.bmp

開会式の様子

堀内機械.bmp

堀内機械2.bmp

楽しい作品の数々                  これは竹筒のスピーカーです

堀内機械3.bmp

Qビックの説明の様子