平成19年度の本格的な活動がこの日スタートしました!
佐野総務会員拡大委員長の開会宣言で開会し、山本俊樹新会長の今年度最初挨拶、
会長方針で掲げておられる「魅力ある企業創り」を力強く!宣言されました。
 その後、各委員長挨拶では、どの委員会も花形委員会・スペシャル委員会などと各
委員長の今年度にかける意気込みやる気を感じさせるすばらしい発表の場となりました。

 そして本日のメインでもある体験発表では、まず最初に会社の業績が「うなぎのぼり」
の有限会社エムカンパニー代表取締役 松木克浩氏の体験発表。日創研、経営研究
会の出会いそして会社の業績などを発表されました。特に印象的なのが「研究会に出
席している人ほど業績がいい!忙しい忙しいと言って出席していない人は?
結局は時間管理がしっかり出来ているかどうかでは?」とそして「懇親会は本音を語
り合える場所積極的に参加してほしい」と。

 次にキタデンシ株式会社 専務取締役 喜多 繁幸氏は経営研究会の魅力は「学び
やすい」「体験型の学習が出来る」の2つに大きく分けられる、学びやすいとは月にする
と会費が5千円とリーズナブルで、年間予定がきっちり決まっているまた1回2時間程
度なのでどんなに忙しくてもスケジュールを調整しやすい!そして聞くだけではなく発
表したり参加型の学習で非常に身につくと、現に喜多氏の成長ぶりに会場皆、納得の
発表でした。

 その後各委員会に別れ今年の学び、役割などを話し合い今年度の会長方針である
「魅力ある企業創り」についてディスカッションし盛り上がる中、時間となり閉会しました。


広報委員会  田野 雅樹