経営発表練習会


9月20日 経営理念委員会
10月2日 経営戦略委員会

場  所 : しばしん南大阪

発 表 者 : 井川 雄太 氏 ㈲ホームアート
       喜多 繁幸 氏 キタデンシ㈱
       窪上 孝康 氏 ㈲フラップ・カンパニー
       佐野 貴幸 氏 ㈲冨士護謨
       酒井 信幸 氏 ㈱リンク
       芝田 拓也 氏 ㈱千代田
       高山 英三 氏 ㈱嵩永塗装
       田野 雅樹 氏 ㈱保研オフィス
       津川 礼至 氏 ㈱津川製作所
       成田 暢行 氏 ㈱扇町運送
       本村 英樹 氏 ㈱ドゥルキス
       吉直 健二 氏 サンディック㈱
       別府 直樹 氏 ㈲コージツ
       松本 優   氏 ㈱フジネオン

本年度の南大阪経営研究会は、経営計画書の作成を主眼に経営理念委員会と
経営戦略委員会がコラボレーションで取り組んできました。
11月の全国経営発表大会にも過去最高の15名が発表予定になっています。
それに向けての練習会が開催されました。昨年に引き続き発表される方、今年
初めて発表される方はもちろん、ちょっと緊張した雰囲気でスタートしました。
会社概要、社歴に進むうちに、経営者またはそれに準じる経営幹部の方、
だんだんリズムよく分かり易く自社の強み弱み、市場分析、クロッシングから
理念体系、中期、本年度経営計画と説明が進みます。
皆さんこの日までに真剣に自社を分析、戦略を練り経営計画書に落とし込んで
おられるので完璧なはず・・・。
発表後のアドバイス 『強み弱みがクロッシングに反映されていない』『中期経営
計画とクロッシングがつながっていない』 『財務から見ると会社が目標を達成し
ても社員さんの給料が上がっていない。そんなんで社員さんがやりがいが出ま
すか?』などなどアドバイスが飛び交います。
発表者は自身では気付かない点、客観的なアドバイスをしっかりと頂けます。
アドバイス側も自分の会社では、同じことをやっていても気付かない事が他社の
発表を通じて気付く点がいっぱいある。他社の事はよく見えると・・・
発表者も聴衆者も学びの多い2日間でした。

1154.jpg


1156.jpg