夕方4時半ごろでした。リーダーシップ委員長の喜多さんからの電話で「松本さん、
私今じばしんに来ているんですが本日の会場予約が入ってないようですよ」
「えええええええ!」私は何がどうなっているのか一瞬目の前が真っ白になり
右往左往してしまいました。

 しかし、じばしんの隣にある商工会議所を急きょ借りることができ皆さんの援助の
おかげで本年度総務第1回目の行事、全体オリエンテーションを開くことが出来ました。
理事役員の方はじめ、会員の方々にはご迷惑をおかけし深くお詫び申しあげます。


 さてそんなハプニングの中行なわれた全体オリエンテーションですが式次第にそって
行われ山本会長から本部会長の今年度の方針の説明があり、その後南大阪経営研
究会の本年度会長方針“魅力ある企業創りの確立”から4つの運営方針の発表を頂き、
全員真剣な面持ちで会長の熱い思いを聞き入れていました。
次に各委員長からの本年度の委員会方針と運営方針、更に活動内容を各委員長の
個性豊かな発表で説明していただき今年1年各委員会が何をするのかを確認することが
できました。
また、これにてオリエンテーションの事業目的である「経営研究会の活動について紹介
する」は達成できたと思います。しかしながらパワーポイントを使ったにも関わらず全体的に
硬い雰囲気もあり一方的な説明の仕方ということもあり会員の方なら理解して貰えたとし
ても新入会員の方には少し分かり難いところもあったと反省も残しました。
体験発表では築林副会長の成功体験を重ねていくことがスキルアップに繋がる。という
ことを脳医学の観点から講義して頂き、「研究会がその経験の場を与えてくれるところで
すよ」と非常に専門知識を持って納得させられるお話で興味深く聞かしていただきました。


二人目の体験発表の原田理念委員長のお話は研究会で経営計画書の作り方を学び経営
計画書の重要性や必要性そして実際自社で活用してみて、その成果についてのお話を
して頂きました。
本当に分かりやすく可愛さまじりの独特の優しい語り方で大変参考になりました。
お2人の体験発表で雰囲気も楽しくなり経営研究会のすばらしさを再確認することができ
ました。
最後に各委員会に分かれてのデイスカッションでは委員会での学びや役割分担を考えて
頂き、各副委員長による発表で、全員が今年1年で何を学ぶのかを明確にしました。
そしてこれにて、オリエンテーションの事業目的である「今年1年各委員会で何を学ぶか
意識を高める」「会員相互のコミユケーションを図る」も達成できました。
また、たくさんの参加で行われた懇親会でも熱く仲間と語らいコミュニケーションを図ると
ともにたくさんの学びのあった会でした。


総務会員拡大委員長 松本 優

ori1.jpg
会長方針を熱く語られる山本会長


ori2.jpg
体験発表で、経営研究会で何を学んだのかを
分かり易く伝えられた原田理念委員長


ori3.jpg
各委員会では、1年間で何を学ぶのか、そのためにどのような
活動をしていくのかをディスカッションしました。