4月26日(土)  17時30分~20時30分
経営戦略委員会
テーマ
【模範企業のベンチマークから学ぼう!利益を生み出す仕組み作りとは・・・】
訪問先 株式会社ミツヤコーポレーション
講師    代表取締役社長 中辻 晶彦氏


P1240123%E2%91%A0.jpg

「6億円企業から100億円企業への軌跡の裏側」をしっかりご披露いただきました。
まずは社内をぐるりと拝見しました、いたるところに色々な工夫がされていました。
特に注目を集めたのは仕事を効率よく進めるための備品の3点セットです。
紐でつなぎ、すべて誰の物か名前が記載されています、これにより効率化の他、
物を大切にすること、そして備品の荷物への混入を防ぐというメリットがあるとの
ことでした。


benchimark.jpg

P1240120%E2%91%A0.jpg


中辻社長様の講演ではまず経営計画書の発表の目的をご説明いただきました。
①社員さんの不満・不安・不信などを取り除く。
②会社がどこに向かっているかを明確にする。
③社員さんとのコミュニケーション
年1回かならず行っているとのことです。


オムツメーカーとして創業したミツヤコーポレーションさんが大きく変化をしたのは、
紙おむつの出現で大きなピンチを迎えたときに物流業に大きく転換されました、
そして単なる物流業ではなく物流サービス業と位置づけ、以下の強みをフルに活用し
独自のサービスを展開
①物流にお金をつける(ファイナンス物流)
②国の認可倉庫だけど預かる事ではなく仕組みを売る
③繊維やの強みたくさんの商社と取引があることを振る活用 
『大手企業が2強3強だけしか残れていない、今後は、中小企業は1強100弱になる、
よそと同じことをやっても価格をたたかれるだけ!→オンリーワンの仕組みをつくって
ナンバーワンになる!』ことが中小企業の勝ち残る方法だと、力強くお話いただきまし
た。

benchimark%E2%91%A1.jpg


また、銀行から見た経営計画と題し、某銀行の支店長をお迎えし銀行の立場から
どのような部分を重んじ融資審査を行うかなどお話いただき、どのような計画書
を作成すれば銀行さんからの評価が上がるかも学べました。
体中にやる気がみなぎる学びの場となりました。

P1240125%E2%91%A0.jpg