平成22年 4月度広報委員会例会
      『出会いこそ宝である。人のご縁ででっかく生きろ!』 レポート


4gatureikai.jpg

私は中村氏の講演に参加させて頂いたのは、これで2度目になります。
いつも中村氏のエネルギーを沢山頂けて本当に勉強になります。とても楽しい雰囲気で経験談のお話しは、自分の人生とまるっきり違う事ではありますが、すごくイメージが湧きお話しを聴くことに夢中になってしまいます。心に直接訴えかけられる、そんな魅力を感じます。


まず、最初にされたお仕事のお話しですが、「野菜売りの行商軍団」とありますが、「0.2秒」の定義には会場も驚きの連続でした。
”考えるな!すぐに行動に移せ!”という教えの中、最初は「出来ない」「なんでそんな事をしないといけないのか?」といった中、ひっぱたかれて、怒られて、それでも実践して行く中で「あなたの期待を裏切ってみましょう!」と徐々に肯定的な「予測の裏切り」に変化して行く過程は、とても厳しく大変な事でもあったと感じました。
実際には、なかなかできない事かとも思うのですが、継続する事で必ず身となり骨となっておられる経験談は、肌で感じとる事ができそうな位に講演にのめり込みました。


中でも、団地付近で昼間の奥様方に軽トラックで野菜を売るお話しはとても勉強になりました。
「きゅうりをおったてて踊れ」と先輩に言われて「そんな事できません」と0.2秒が守れずに、突き飛ばされきつく怒られている中、この人についていけないと自分も感じてしまいました。
しかし、そんな中、野菜を買いに来て頂いていた奥様方に言われた一言で「あんたから浮気はせん」と言われた時の状況がすごい事だと思います。
「お肉はお肉屋さんで買うし、生活用品はスーパーでも買うよ。でも野菜だけはあんたからしか買わないから、そんな事しなくてもいいじゃないの」とお客様と信頼関係ができている状況は、今の時代に欠けているとても大切な事なのではないかと、講演が終わってもずっと考えてしまいます。

自分だけの殻に閉じこもってしまうと、なかなか中村氏のお話しの様に機会(チャンス)にめぐり合う事が少ないかも知れませんが、自分で進んで手に入れるそんな気構えができるようにも感じました。要はその時、その出会いが広がってご縁が創れる。そのために、今自分が出来る事を精一杯して、相手の予測を超えて感動を生みだす。そんな自分へのチャレンジに変わる内容のお話しは、2時間でも3時間でも聴きこんでしまいたくなる時間でした。

4gatureikai2.jpg

また、現在、中村氏は引きこもりや、ニートといった方へ積極的に活動して、北海道にファームを作ってそこで出来た野菜を自社のレストランウェディングで提供している事もおっしゃられていました。まさに企業の価値であり、私達も見習って「人様の役に立つ」お仕事をしようと感銘を受けました。

4gatureikai3.jpg

最後に、MY箸(エコロジー)だったり、フォーク、書籍と販売されているご紹介がありましたが、その中でも『アイデア』がすごいと感じました。
会場も大笑いになりましたが、その中で「フォーク」のポイントがありました。
中村氏も「ここで普通のフォークというのも変ですよね?」と言われたので「?・・・」となりましたが、なんとそのフォークは、伸びるタイプの一風変わったフォークでした。
「飲み会の席でお笑いのネタになるでしょ?」という視点は、商品開発という観点でとても参考になりました。


講演後、実際にそのフォークは最初に完売しましたが、中村氏のお話しがなければ、多分売り切れる事はなかったのではないかと思います。
そうやって、楽しく・おかしく「相手の予測を超える」そして、そんなアイデアを仲間と共に創り出していく。その結果、お客様や取引先の方、居酒屋で出会う見知らぬ方、道でばったり会った方、人と人が点と点で結ばれてやがて面ができる。そうやって自分自身が学び、向上していけるように変わってくる。そんな深いお話しにとても感動しました。


まず、今できる事から始める。そこからできる方法を考えて実践する。

日々の日常の中で、とても大切な事だと感じました。素晴らしい講演に参加させて頂き本当にありがとうございます。


広報委員会 委員長 小島 涼

他の活動レポートを見る