平成22年6月度 合同例会のレポート


南大阪経営研究会には2010年1月に入会させて頂いたので、合同例会の参加は
初めてでした。

4月に田舞SA、5月にSC、6月にPSVと日創研の研修も参加しています。
合同例会ではSA、SCで共に学んだ仲間にも顔を合わした時、経営研究会は
違うが共に学び続ける仲間がいる事に改めて気付くことが出来ました。
少し嬉しい気持ちになりました。


今回のテーマである「企業の成功法則~社長力・管理力・現場力の三位一体論」
ということでした。
社員全員が経営に参加する意識を持ち、同じ方向性を共有できる職場にする事
それが、会社を成長・発展させることに繋がっていると思いました。
その為のツールとして理念と経営の社内勉強会、13の徳目による朝礼、
ありがとうカードの活用等があげられました。


goudou1-1.jpg


ちょうど、PSV研修で実践している事にも繋がりますが、ありがとうカードの
活用は以前からスタッフに渡した方がよいと指導して頂いていましたが、実践
出来ていませんでした。
初めて渡した時、照れくさかったですが、渡しているとそれもなくなり、お互い
にうれしい気持ちが生まれてきました。また、渡すためには日頃からひとりひと
りのことをすごく意識して見るようになりました。

13の徳目には、個人の能力・組織の能力を高める内容が詰まっている1冊だと
思いました。考える力・伝える力・傾聴力・要約する力・日々の目標立て・意識
を持ち行動すること・日々の気付き・感謝力とあげればきりがないです。
その場で、朝礼を実践してみて日頃から取り入れている会社の社員さんとでは、
慣れているだけでなく、発現される内容においてもすごく違いがみられたので
13の徳目を使っての朝礼は自社においてもすごく取り入れたいと思いました。


理念と経営の本に関しては、1月から読ませていただき、社外で勉強させて
いただいていますが、他業種から学ぶこと、自分の考えだけでなく人の意見・
気付きを聞ける事、文章は同じでも自分と違う視点で見ている方もいるので、
そこから学ぶこともたくさんあります。


goudou2-1.jpg


3点ともまだ社内では取り入れていませんが、順番に取り入れていきたいと
思いました。
まずは、自分がPSV研修を通して実践すること。そして、来年の合同例会では
少しでも成長出来ているように目の前の事に一生懸命取り組んでいきます。
そして、ひとりでも多くの共に学ぶ仲間に出会えるように楽しみにしています。


ありがとうございました。


広報委員会 石崎 真也


他の活動レポートを見る