テーマは華美を好まず、不利を追わず、本業に徹して、たくましい経営を心掛けるという想いを込めた【質実剛健】

開催目的は【全国経営研究会の活性化】です。

中小企業にとって大変厳しい経営環境の今だからこそ、経営の本質を学び、産業と文化が調和する名古屋にて、全国から1040名を超える会員が集い開催されました。

CIMG1051.JPG


○ご挨拶

田舞本部会長、溝俣名古屋経営研究会会長、近藤大会実行委員長からのごあいさつでは、
「本大会で日創研経営研究会の理念である【共に学び・共に栄える】の原点に立ち返り【自社の活性化】【経営研究会の活性化】に繋がる大会となりますことを祈念いたします。」
と大会の趣旨を述べられて開幕いたしました。


○基調講演Ⅰ

尊徳・佐吉・喜一郎   ― 質実剛健の系譜 ―
(株)コンポン研究所 元代表取締役所長  井上 悳太氏


尊徳と佐吉と喜一郎の人生は、自分の使命と信ずるものに、文字道りその生涯を捧げつくした所など、似ている所が多いことを冒頭で述べられ、尊徳の教えと、自動織機の発明王・豊田佐吉からトヨタ自動車創業者・喜一郎へ受け継がれた経緯を、解りやすくご講義いただきました。

CIMG1053.JPG


父子二人で「恩賜記念賞」という日本の発明家の最高の栄誉に輝いているが、喜一郎の最大の発明は「ジャストインタイム」が特許になってもいいぐらいの発明ではないかとおしゃられました。

その定義は「無駄と過剰のないこと、部分品が移動し循環していくに従って待たせたりしない。その時に各部分品が整えられることが大切である。能率向上の第1義である。一本のボルトやナットに及ぶまで全てに丁度適時に間に合うように、これが連絡上の最大関心事である。」

喜一郎は自ら最初の成功体験に酔うことなく新事業創出の端緒を開いた真に革新的な人物でありました。

尊徳、佐吉、喜一郎へと続いた「質実剛健」の精神は、資源に恵まれない日本だけでなく、限りある地球環境の中で人類社会が永続するためにも守り続けるものだと締めくくられました。


○13の徳目朝礼全国大会
 地区大会を勝ち抜き、見事全国大会の切符を手に入れた、各地11ブロックの代表による初めての13の徳目朝礼全国大会が開催されました。

朝礼は大切な1日の始まりです。

幹部社員さんからパートさんまで全員が今日という日を肯定的に、自主的に、また、計画的に成果を作り、遣り甲斐を持って行動する為の大切な行事です。

南大阪経営研究会も近畿ブロック代表として出場いたしました。

13tokumoku.JPG

内畑谷リーダーを筆頭に高畑さん、南さん、土肥さん、高木さん、別府さん、佐藤が毎日のように練習を積み重ねて大会に臨みました。

13tokumoku1.JPG

13tokumoku2.JPG

その結果は・・・

なんと優秀賞に輝きました。
13hyousyou.JPG


おめでとうございます!!

改めて13の徳目朝礼の大切さを学ぶことができました。
まだ導入されていない会員企業さんには是非お薦めです!
http://www.arigatou-keiei.jp/13tokumoku/13tokumoku_set.html


○分科会

第1分科会  講師 田舞 徳太郎氏
第2分科会  講師 古永 泰夫氏
第3分科会  講師 桧山 長士氏
第4分科会  パネラー 武田昭俊氏、長谷川和夫氏、大前陽子氏
        コーディネーター 川本嘉博氏

bunnkakai1.JPG

bunnkakai2.JPG

○基調講演Ⅱ

人材育成とリーダーシップ
ファッションのモード学園
IT・デジタルコンテンツのHAL
医療・福祉の医専/医校の創業者  谷 まさる氏

tani1.JPG

使える人材を育て続けて8万人超。就職難の中、驚異の希望就職内定率100%。
21世紀のスパルタ教育で生まれ変わった人材に企業が殺到。
「現場で即戦力になる!」と評価されています。
 
いったいどうしてこんなことが可能なのか?

「社会が求める人材の作り方とは・・・」

「1人で生きられるようにして世の中に出すこと、これが教育」
と谷氏に熱く語っていただきました。

tani2.JPG


・挨拶により自分と相手に気合を入れる。
①自分を魅力的に見せる。
②現代の若者は自分を過小評価している。
③4つの人間の魅力
④人間の器
⑤人間にとって一番必要なもの
・リーダーの条件
・心の若さを保つ

とてもエネルギッシュであり、心に喝の入る谷氏のご講演でした。

○活性化事例発表

会員数減少で存続の危機から会員拡大に取り組み復活した岐阜経営研究会。

経営研究会活動を自社の経営に直結する機能体組織運営を行い、会員増加率、委員会・例会出席率が共に高い岡山経営研究会。

第9ブロック全体で会員拡大・活性化を行い、目標達成をした愛媛経営研究会。

活性化している3経営研究会の活動をDVD映像で紹介し、パネルディスカッションを通じて具体的な取り組みや仕組みをお話して頂きました。

名古屋地区主管・副主幹経営研究会の皆様のご準備、素晴らしいおもてなしの運営には心から感謝申し上げると共に、とても勉強になる有意義で内容深い2日間でした。

全国大会にて学び得たことを、経営研究会の活性化と自社の活性化に活かして参ります!


来年は、全国大会in札幌

hokkaidou .JPG

テーマ 「経営者よ、大志を抱け!」
2012年6月7日(木)、8日(金)に予定されています。

より多くの会員企業の皆様と参加できることを楽しみにしております!

zenntai.JPG

広報委員長 佐藤 碩祠