全国経営発表大会

2011年11月17日と18日の二日間、日創研大阪研修センターを中心に、
3会場で1300名の参加者と、45グループ315名の発表者で行われました。

 はじめに、高橋 勇 本部副会長の開会宣言、植田一郎実行委員長、田舞徳太郎
本部会長の挨拶の後、各会場に分かれ経営発表本番へ入って行きました。

 全国の経営研究会の御代表の発表者が、自社の強みや、弱みを社員さんと一緒に
作りあげた経営計画書は、とても素晴らしく良いものでした。
また、アドバイザーも的確に、要点をまとめた良いアドバイスを発表者にしておられ
ました。

 "学ぶことが経営の基本"社員さんと作る三位一体の経営計画書は、増収、増益
健全経営の柱です。また来年も素晴らしい発表を楽しみにしています。


発表者の感想

南大阪経営研究会 風元 直行

私は、全国経営発表大会で初日の1番で経営発表をしました。

1番目で、しかも今回が初めての発表と言うことでかなり緊張しました。
手と足が震え、発表できるか正直不安でした。

 でも発表準備で、仕事を終えてから社員さんと作った計画書を一生懸命
発表していく内に緊張もほぐれ、またアドバイザーの方々の温かいアドバイス
を頂き発表して本当によかった、社員さんと作った甲斐があったと思いました。

来年も発表の機会が頂けるなら、是非発表したいです。