全国大会in札幌 ~経営者よ大志を抱け!~ 2012年6月7日・8日
2012年6月7日・8日、全国大会in札幌~経営者よ大志を抱け~が北海道札幌にて開催されました。

全国各地の経営研究会より、1106名もの参加者が集う中、まずは札幌経営研究会主導のもと、旭川・帯広・室蘭・
函館経営研究会の皆さんのおもてなし、準備、結束力、チームワークに感動いたしました。

zenkokutaikai7.jpg


zenkokutaikai.jpg

基調講演Ⅰの、(株)サッポロドラッグストアーの富山睦浩社長は、北海道を心から愛し、北海道民の健康を守る事を
ご自身の志にされており、「北海道のかかりつけ薬局」をコンセプトに【健康で明るい社会の実現】に貢献されております。

zenkokutaikai2.jpg

調講演Ⅱの、(株)土屋ホールディングスの土屋公三会長は自らの名前から、土(土地)と屋(家屋)で、【お客様】【社会】
【会社】という三つの公のための住まいの提供を通して豊かな人生を創造してもらうというのが自分の使命だと熱く
語っておられました。

zenkokutaikai5.jpg

お二人に共通するのは地元北海道を愛し、人のことを一番に考えてのお役立ちや人財育成に精魂こめられている点
です。驚きの成長の軌跡をたどりながら、今もなお成長し続ける経営について、学び深いお話を頂く事が出来ました。

zenkokutaikai3.jpg

そして13の徳目朝礼大会も非常に白熱しました。 各ブロックを代表する見事な朝礼をみなさん披露してくれました。
リーダーシップ、コーチング力、考える力、明るさ、誠実さ、チームワーク、どのチームも本当に素晴らしく、結果は3チームの
同時優勝で幕を閉じました。我が南大阪経営研究会は昨年惜しくも予選で敗退しましたが、次年度優勝に向けての大きな
学びとなりました。

分科会では夕張市の現役市長、鈴木直道氏のお話を聞く事ができました。東京都からの移民で夕張市民になり、夕張市長になり、なんとしても夕張市を再建させるんだという強い意志! 若干29歳にしてやれる!できる!を目指し、陣頭指揮をとるリーダーシップには本当に感銘を受けました。まさに現在の中小企業の社長が目指すべき姿のようにも感じました。夕張市と言えばやはりメロンが有名ですが、そのメロンによる収益が財政を支えるほとんどの割合を占めています。そのメロンを育て出荷販売するまでの熱い思いに、夕張市の皆さんの心の温かさを感じさせてもらえる貴重なお話しでした。

zenkokutaikai4.jpg


「経営者よ大志を抱け」というテーマのもと、北海道という大きな地域で改めて大志を考える良い学びでした。
北海道の人たちは、北海道の歴史に学び、北海道の価値を考えて形にすることを使命にしています。まさに経営に
必要な事を改めて学ばせて頂けた素晴らしい全国大会でした!
そして全国の日創研経営研究会の会員企業の皆様の結束力も素晴らしいものがありました。

南大阪経営研究会からは、松木会長、田野事務局長はじめ、28名の方に参加いただきました。 

皆様本当にありがとうございました。


zenkokutaikai6.jpg