ベンチマークレポート 平成26 3 31 日(月曜)

会社名:株式会社 コージツ 場所:岸和田本社営業所日時:平成26 3 28

(月曜) 午後630~午後830

内容:

            ① 元気朝礼に参加2008 年頃に元気朝礼を開始。結果、売上UP、経常利益UP に繋がった。

            ② 本日の朝礼リーダー松浦さん(入社6 年目)による、質疑応答朝礼で元気スイッチが入る。心がけていることは、第一声      (リーダーの声)と傾聴。第一声がその後を左右する。

            ③ 別府社長による、講話

・自信を高める方法

   自信とは自己信頼である。自己信頼を高めることで自信が高まる。
   つまり、自己承認。承認することが大事。

・朝礼の目的、意味と価値何のために朝礼をするのかは、会社をどうしたいかである。社員に目的を伝え、意味と価値を伝える。(毎朝唱和)朝礼で変わったことは、社員ではなく社長の考え方。朝礼は動機づけの場である。自分(社員)の価値を知ることができる。

・ジョハリの窓自分の器を広げる方法。自己開示→応援される→意見を素直に聞く→自分が知らない能力(可能性)に気づく

            →成長する

            ④ 本日の感想を全員が発表

  学び:

           ・朝から大きな声を出すことでテンションが上がる。全員が大きな声で参加しており、

     声を合わせることがチームワークに繋がっている。

            ・相手の話を聞くときは身体から相手の方向を向く。言葉を使わず態度から真剣に話を聞いている

     姿勢が伝わってくる。相手が話しやすい環境を作っている。

            ・朝礼を行うことで傾聴力を高め、質問能力も高まる。そして、朝礼を承認の場にすることで自信がつき

     自発性が高まる。

            ・目的、意味と価値を考える。全ての事に意味がある。目的を考える。意味を考える。価値を考える。

     「考える」ことが習慣になる。

 

感想: 環境が人を育てていることを㈱コージツさんのベンチマークで学びました。

   駐車場を一人で歩いていると社員さんが「どうしましたか?」と積極的に声を掛けてくださり、㈱コージツさん   の社風を感じました。「習慣にしていくことが大事です」と別府社長がおっしゃっていました。朝礼を通し   て『声を出す』という習慣が身についているのだと思います。「朝礼で会社は変わらない」ともおっしゃっ   ていました。朝礼で変わったのは社長であり、社長が変わると社員も変わり、社員が変わると会社が変わる   のだと学びました。

一つ一つの習慣が㈱コージツさんの社風を作っており、そういった社風(環境)で働くことで入社6年目でも立派に質疑応答ができる社員やお客様に積極的に声が掛けられる社員を育てることができるのだと学びました。

置換え:

㈱コージツさんの会社からベンチマーキングしたいと感じたのは、『習慣』と『環境』です。自分の何気ない行動や習慣が会社の社風の一つになっているのだと学びました。後輩に与える影響を意識し、声を出すことを習慣にしていきます。そのために実践する事は、朝礼で『笑顔』『声』『承認』を積極的に行い相手が話しやすい環境を作っていきます。

㈱コージツさんでは小さいゴミ箱の位置が三定されていました。事務所(合同会計)では小さいゴミ箱の位置が三定されていないことに気づきました。全て三定しているようで、実は毎日の習慣の中に埋もれていることがあるのだと、他社と比較したことで改めて気づくことができました。今までは、ゴミ箱のゴミを捨てたあと元の位置に戻っていない事が多かったので、真似させていただきます。

個人的に自信を高める習慣として実践する事は、毎月1冊の本を読むこと。習慣にできた事が自信になり、本を読むことで知識を広げることもできます。

大きな声で全員が参加している姿勢を感じます。全員参加がチームワークを高める!


ベンチ唱和.JPG

元気朝礼が良い社風を育てている☆

ベンチ誕生.JPG

社員さんがイキイキしています。寝顔が素敵♪人間関係が良いのが伝わってきます。

ベンチ社員旅行.JPG

ベンチごみ箱.JPG
ゴミ箱の位置が三定されています。ゴミ箱配置場所地図もありました!

税理士法人 合同経営会計事務所
永谷 照美


続きまして、堀内委員のレポートです。

1.    参考になった点

  朝礼で会社は変わらない

・コージツの元気朝礼を形だけ真似しても成果は上がらない。自社なりの朝礼に取り

組む意味や価値を伝えないと

 

  何のために元気朝礼をするのか?を明確にして、全社員で共有している

・朝礼の目的,朝礼の意味と価値,朝礼見学を奨励する目的,経営理念の唱和の目的,

13の徳目を活用する目的,挨拶訓練・発声訓練の目的,朝礼で得られる成果,株式

会社コージツの存在意義

 

  継続する大切さ

  ・元気朝礼は25分間全力の慣れないと本当に疲れる大変な朝礼です

   しかし毎日やり続ける事で、知らない間に大きな力(何事も習慣化して継続する力)が付いてしまいます。改めて継続する大切さを痛感    

   しました。

 

  冊子「職場の教養」の活用

  ・社長が社員さんに伝えたい話が満載。社長に変わって教育してくれるので重宝。

 

2.    今回のベンチマークをどう自社に落とし込むか

    ①  製造部リーダーに理念と経営勉強会と、13の徳目朝礼を導入する。

    ② ただし導入前に3回社長主催の勉強会を実施し、理念と経営勉強会、  

       13の徳目朝礼を導入する意味や価値を伝える。

 

3.所感

 私がコージツさんの元気朝礼に参加するのは4回目です。以前より更に進化していて付いていくので精一杯でした。

日々成長されているのを痛感しました。以前見学させて頂いた時に別府社長から、朝礼の意味や価値がないとアカンよと言われていました。

今回も上記の通り、強調されていました。私も毎日じゃないですが、席が近くの社員さんと4人で朝礼をします。

会社のビジョン唱和今日の徳目昨日のきづき昨日のありがとう理念唱和と言った朝礼をします。

朝礼をして良いと思うのは、自己開示&素直な傾聴により、お互いの事を良く理解しあえる事だと思います。

当社も各部署でそれぞれの朝礼を長年やってますが、朝礼を何の為にやるのかと言う意味や価値は考えたこともないと思います。

各リーダーに朝礼をやる意味や価値を問い続けたいと思います。

  堀内 晋平


戦略委員会ではこのようなベンチマークを通して、自社の学びに繋げる小員会を継続して行っています。

委員の皆さまご参加お待ちしております。

戦略委員会