今回、山陽製紙様の理念祭に参加させていただきました。

理念祭について下記URLに山陽製紙さんのインタビュー記事が載っていますので一読下さい。

http://www.budori.co.jp/magazine/interview-sanyo-paper
 
 まず、はじめに感動したのは、理念祭にむけての、社員さんの準備がとても
きちんとされていた事です。
理念祭をスムーズに進めていくため、タイムスケジュール・人員配置(リーダー)など、
様々な準備が整っておりました。すべて社員さんたちが自主的に何をどう行なうかが
事前にスケジューリングしていると聞き、社員さん達全員で理念祭を創り上げているという事に、
大変感動いたしました。

理念祭①.jpg

 
 理念祭③.jpg

 社員さんたちのすごさは、それだけではありませんでした。
理念と経営の勉強会や、CSRについてのディスカッションなど、各グループで
行なわれていたのですが、どのグループもとても楽しそうに意見交換し、
発表される内容にも、会社に対する愛情や、仲間との繋がりを感じる、
非常に深い内容ばかりでした。普段から「考える」という事をしているからこそ、
素晴らしい発表が出来るんだということに、気づきました。

理念祭④.jpg
 
 原田社長や専務の、理念に対する念いや優しさにも振れる事ができ、
みんな家族のような、そんなあたたかい社風を感じました。
理念の唱和=浸透ではないと言う事を、肌で感じ、自社でも今日の体験を
活かしていきたいと思います。
 
以上です。
ありがとうございました!
 
レポート作成
株式会社 物 研 
 取締役部長  平松 香代子