6月11日(水)アプラたかいし小ホールにて6月度例会が開催されました。

~自社の強みを生かした絞り込み戦略とは~と題して

㈱インデップ 代表取締役 荒井 照三氏にご講演頂きました。


荒井講師1.JPG

 ㈱インデップは広島の福山市の創業でシルバーミセスをターゲットとしたアパレルメーカーでセレクトショップも3件経営されています。年商は約50億 自己資本比率90パーセント台という超優良企業でもあります。

 荒井氏は証券会社での3年の勤務を経て創業者である父の会社に入社されました。

最初に事業内容と成功要因などをお話頂きました。

入社後のもっとも大きな成功要因は中国での委託生産でした。前職の証券会社の勤務時に

中国のこれからの可能性に興味を持たれ、入社半年後には中国に赴きます。

 中国で生産を始めたころは全体の4割もが不良品でしたがそれでも黒字だったのことで当時の中国の製造コストの安さがうかがい知れました。その後中国を足がかりとしてインド、バングラデシュにもパートナー工場を持たれています。現在約8割が中国生産だということでこれからは中国に次ぐ衣料生産国であるバングラデシュでの生産に力を入れたいとおっしゃられていました。


荒井講師3.JPG

 海外生産が現在の直接の成功につながるのですがもともと創業者の代から成功への要因があり、創業時の生活雑貨問屋から始まり、全般的な衣料品、婦人向けの服、ミセス向けの服、シルバーミセス向けの服、ベストとカーディガンと取扱い品を絞ってこられました。そして現在は消費者価格1000円台のシルバーミセス向けのベストとカーディガンに注力されています。これらの商品の絞り込み戦略と海外での委託生産が今の成功を後押ししたように思います。また海外工場での映像、量販店向けの営業資料なども拝見できどのように業績を上げられているかわかりやすいように話が進められていました。

 後半部分ではありがとう経営についてお話頂き、創業の精神、経営理念、使命、事業ドメイン、ビジョンを明確にし映像やポスターの作成掲示などでこれらの浸透に工夫をされていました。特に氏の入社時には挨拶のひとつもない会社だったと前半にお話しされていたので現在までの社内の詳しい苦労話はされていませんでしたが結構大変だったのではと思いました。


荒井講師2.JPG

謙虚でありながらも強い意志で会社を引っ張られている社員思いの荒井講師の魅力が感じられた例会でした。

活発な質疑応答もあり

質疑応答村井さん.JPG


質疑応答井川さん.JPG


質疑応答別府さん.JPG


記念品贈呈では我らが原田千秋さんが全身インデップさんの服を着ての登場!


千秋さん.JPG


高木副会長の謝辞の後、懇親会場へ

高木さん.JPG


原田さんの乾杯の音頭で懇親会スタート!

原田夫妻.jpg


懇親会場ではゲストの方からたくさんの感想・質問がありました。

懇親会6月.JPG


さっきまでスーツ姿だったのに、インデップさんのモデルに早変わりの南大阪女子モデル。

インデップ女子.JPG

千秋さん2.jpg


荒井講師にも深くかかわって頂き、経営談義に花が咲いた懇親会となり、

共に学ぶ仲間が4名も増えた例会となりました。


荒井講師、本当にありがとうございました。