2016年2月24日(水) アプラ高石にて、「第1回定時総会&2月度例会」を開催いたしました!

まずは総会、平良委員長による理念の唱和、

2月②.jpg

そして会長挨拶から第1回定時総会が始まりました。

2月④.jpg

総会では、繰越金に関する議論から会運営のリスクヘッジを学び、会運営の奥深さを知りました。
会社経営にも通じるのもがあります。
会議の進め方といい、総会からも沢山の学びを得ることができます。

2月③.jpg

2月⑤.jpg

2月⑥.jpg


そしていよいよ会場を大ホールに移し、2月度例会がスタートしました!

2月⑦.jpg

2月⑧.jpg

2月⑪.jpg

総動員数なんと330名!まさに大盛況の活気ある例会になりました。


今回の例会の立役者!竹本委員長の開会宣言に始まり、

2月⑨.jpg

我らが、別府会長のご挨拶です。今回も気合たっぷりです!

2月⑩.jpg

そしていよいよご講演
今回は、あの「北海道からロケットを打ち上げた男」
株式会社植松電機 専務取締役 植松努氏のご講演です。
テーマは
~「どうせ無理」をなくし、チャレンジすれば夢は叶う~

2月⑫.jpg

2月⑬.jpg

「どうせ無理・・・」という発想を弾き飛ばし、民間ロケット開発を成功させたお話しは、まさに感動!CANDO!のストーリーでした。

2月⑲.jpg

「大阪に着くなり花粉症が・・・」とのことで、万全なご体調では無かったようですが、なんのなんの!
独特のリズム感のある語り口、優しく心地よいトーン、そして笑いあり涙ありの感動ストーリー
どんどん話に引き込まれ、あっという間に時間が経ってしまいました。

スライドに映し出されるひとつひとつの言葉が、まさに至極の言葉。
甘えていた自分、あきらめかけていた自分、また周りの人を枠にはめようとしてしまっていた自分のこころに、深く深く突き刺さります。

2月⑭.jpg

2月⑮.jpg

2月⑯.jpg

2月⑰.jpg

2月⑱.jpg

2月⑳.jpg

「思うは招く」
どうせ無理・・・と考えるのではなく、だったらこうしてみたら?と考えることで道は拓ける!
たったそれだけの考え方の変換で、夢は叶う!
特別な事ではない!誰にでもできる!

2月㉑.jpg

帰ったら会社の仲間と語り合いたい。子供たちにも聞かせてあげたい。少年時代の自分にこっそり教えてあげたい。
もちろん、いまからでも遅くない!自分自身の可能性を、そして会社の仲間や家族の可能性を信じ、夢に向かって邁進していくぞ!
そう強く決意できた、そんなご講演でした!

2月㉗.jpg

2月㉓.jpg

植松さん!無限の可能性を信じ頑張ります!ありがとうございました!


そしてその感動に満たされたまま、場所を移しての懇談会です。

2月㉒.jpg

懇談会にはいっても興奮冷めやらず、熱い意見交換となりました!

2月㉕.jpg

2月㉖.jpg


そして懇談会にもたくさんのゲストの方にご参加いただきました!

1.jpg2.jpg3.jpg4.jpg
5.jpg6.jpg7.jpg8.jpg
9.jpg10.jpg11.jpg12.jpg
13.jpg14.jpg15.jpg16.jpg
17.jpg18.jpg19.jpg20.jpg
21.jpg22.jpg23.jpg24.jpg
25.jpg26.jpg

おひとりおひとりの今の思いをお聞きして、色んな視点で振り返ることができ、
更に学びを深めることが出来ました! ゲストの皆さん! ありがとうございました!

植松さんもおっしゃってました。
「やっとことのない人はできない理由を並べるだけ。悩んだ時はやったことのある人に聞きなさい!」と。
ここには経営をよくするために、そしてよりよい人生を歩むためにどうすればいいのか、一生懸命考え、つまづきながらも前に進もうとする。そんな仲間や尊敬すべき先輩方が沢山おられます。
まさに「やったことのある人」が沢山おられます!

自分を磨き、学ぶ場所としてはうってつけの場所だなあと改めて感じた一日でした!

2月㉔.jpg

最後になりましたが、竹本委員長、高雄事務局次長! 企画、運営、本当にありがとうございました!
そしてご参加いただいた全ての皆様に、感謝申し上げます! ありがとうございました!!