2016年5月23日(月)
堺市産業振興センターにて、南大阪経営研究会 2016年5月度理事会を「公開理事会」として開催いたしました!

スクリーン.jpg

南大阪経営研究会の理事会は毎月一回行われます。
理事会は、南大阪経営研究会における最高意思決定機関であり、
例会をどんな目的で行うか?どんな効果を期待し、それをどう計測確認していくか?どこで行うか?誰を講師としてお呼びするか?懇談会はどういうコンセプトで行うか?・・・などなど。
その他、会全体のルールについて、各委員会活動について、など、
会員の皆様からいただいた会費を、会員の皆様の為にどのようにして有効的に活用していくか、を協議、審議し、決議していきます。
メンバーは会長、事務局長、副会長、副事務局長、事務局次長、各委員会の委員長、副委員長、そして監事、顧問。
2016年度の理事会は、総勢35名で行われています。

さあいよいよ理事会スタートです!今回の理事会はこの次第に従って進行します!会議時間は2時間40分です。

IMG_1328.JPG

土肥副会長の開会宣言のあと、

開会宣言rizikai.jpg

平良経営理念委員長の先導により、参加者全員で理念の唱和を行います。

唱和.jpg

そして出席者確認。
今回は所用により、4名が欠席となりましたが、欠席者は事前に欠席届(理由も)を提出し、更に議決権保持者はその議決権を副委員長などに委任しておきます。
ちなみに南大阪経営研究会理事会における議決権保持者とは、会長、事務局長、副会長、副事務局長、事務局次長、各委員会の委員長で、本年度は16名です。
更に、今回は「公開理事会」ということで、11名の皆様にオブザーバーとして参加していただきました!

そして別府会長による会長挨拶です。

会長挨拶rizikai.jpg

それから資料確認、議長指名と続きます。
原則、協議事項は井川事務局長、審議事項は別府会長ご自身が議長として指名されます。

そして議事録作成人、署名人の指名。
今年は毎回総務委員会が議事録を作成してくれています。
そして今回の議事録署名人は壱岐副委員長と森敦史副委員長です。

続いて前回の議事録承認です。
これが前回の議事録ですが、12ページにも及んでいます。

IMG_1329.JPG

決議事項だけでなく、理事会中の各理事役員の発言が余すことなく、詳細に記載されています。
これはすごい労力ですよね。 しかしこの議事録のおかげで、一回一回の理事会の内容が協議内容とともに正確に記録され、
前回から今回、そして次回へと連続性を持って、理事会を運営することができます。
上野委員長、藤津副委員長、松本副委員長! いつも本当にありがとうございます!

続いて、報告連絡事項に入ります。
ここでは本部理事会での決議事項の報告や、目前に迫った例会等行事の準備報告、
そして直近に開催した例会等行事の開催報告、事務局報告として、会員出席率や新入会員さんの入会報告などが行われます。
次回の例会がスムーズに開催されるよう、役割分担を確認したり、終了した例会に対しては、想定していた目的がきちんと達成されたか?など、良かった要因、反省すべき原因をしっかりと分析し、次の例会へとつなげていきます。

平良さん報告.jpg

水上さん報告.jpg

村井さん報告.jpg

そしていよいよ協議事項です。

南さん協議.jpg

この協議の時間は理事会のメインともいえる時間で、会議時間のおおよそ半分を費やします。
今回は、
①熊本地震支援の件
②7月戦略例会の件
③8月経営計画書作成例会の件
④8月総会の件
⑤その他
が協議される予定でしたが、今回も特に例会の運営方法や、その伝達方法について熱い熱い協議が行われ、
時間の関係上④の8月総会については、次回に協議持ち越しとなりました。

原田さん協議.jpg

しかしながら、この一癖も二癖もある?理事役員メンバーを相手に、しっかり時間管理をしながら協議を進行させていく、
井川事務局長の采配ぶりにはいつも感心させられます!
これを見ているだけでもすごく勉強になります!

土肥さん協議.jpg

山田さん容疑.jpg

理事会は「ロバート議事法」を活用し、進行します。
「ロバート議事法」には、会議を民主的にかつ効率的に運営するために、
①一時一件の原則
②一時不再議の原則
③多数決の原則
④定足数順守の原則
という4つの原則があります。
自社の会議をより民主的にかつ効率的に運営するためにもすごく役に立ちます!

坂中さん協議.jpg

松田さん協議.jpg

森さん協議.jpg

協議が終わると、いよいよ審議の時間に入ります。
協議の内容に基づき、前述させていただいた議決権保持者による多数決にて審議されます。

審議.jpg

会議の最後には、監事、顧問による講評やアドバイスがあります。
監事、顧問は原則、協議や審議には参加せず、冷静な目で会議の進行を観察しておられます。
理事会が常にルールにのっとり、公平なものであるために、重要な役割を担っています。
この監事と顧問による講評、アドバイスの時間は、理事会メンバーは服装や姿勢を正し、PCの画面を閉じて、神妙にお言葉を頂きます。

田野監事.jpg

鈴木顧問.jpg

今回は「公開例会」ということで、オブザーバーとしてご参加いただいた皆様に、一言ずつご感想を頂きました。
参加していただいた皆様!ありがとうございました!
そして実は南大阪経営研究会の理事会は今回に限らず、毎回どなたでも傍聴が可能です。
今回時間が合わず来れなかった皆様も、是非次回以降オブザーブ参加してみて下さいね!

オブザーブ2.jpg

オブザーブ3.jpg

今回の理事会の議事録を以下に貼り付けさせていただきます。
文字までは読みにくいですが・・・
もしご興味のある方は、各所属委員会の委員長もしくは副委員長にお問い合わせください!

IMG_1330.JPG

IMG_1331.JPG

IMG_1332.JPG

IMG_1333.JPG

IMG_1334.JPG

IMG_1335.JPG

IMG_1336.JPG