2017年6月22日(木) 和泉シティプラザ レセプションホールにて、6月度例会が開催されました。
今回のテーマは
「良い習慣創りで業績向上 ~三位一体で自社の損益構造を変える~」
DSC_0720.jpg


15:30からの例会で通常よりも早い時間からスタートでしたが、席はビッシリと埋まり会場は熱気ムンムンでした。
DSC_0722.jpg


今回の講師は、株式会社 日本創造教育研究所 代表取締役社長 松原 誠 講師をお招きして行われました。
業績アップと言えば松原講師!日創研でも業績アップ研修の担当ですものね。
DSC_0728.jpg


各テーブルでは皆さん真剣そのもの!
学ぶ会風が南大阪経営研究会の魅力です。
DSC_0733.jpgDSC_0735.jpg


昔は「作業をするな、仕事をせよ!」だったそうなのですが、
現代は「仕事をするな、経営をせよ!」と言われる時代。
結果を作れる人財とは、顧客を創り出す人財。
そのような部下を育てていく事が必要となるのですね。
DSC_0737.jpg


新化する事が革新となる!
常に新しい事にチャレンジし、社長も幹部も社員さんも協力し合える環境が大切。
それが【心の差=エンゲージメント】となる。
愛着心や愛社精神となるのは、どれだけ人生に寄り添っていけるかなんですね。
その為に、社長・幹部は手本・見本となる事が重要。
DSC_0739.jpg


現代ではこの4つの力が本当に大切となります。
この力が情報・知識・スキル・ノウハウを高めていきます。
それが人財育成となるのです。
その育成に適した教材が「13の徳目朝礼」でもあるのですね。
毎日の習慣が訓練となり、やがて個人の力となる。深いなぁ~。
DSC_0742.jpg


今回の例会はかなりテーブルディスカッションの多い例会でありました。
今の時代は経営環境が大きく変化する時代です。
変化があるのはチャンスがあると言う事。全社で考え乗り越える。
中小零細企業は変化対応業なのです。
この変化を問題と捉えず、どれだけ対応していけるのか!?
学ぶとは変わる事なのですね。
DSC_0744.jpgDSC_0748.jpgDSC_0749.jpgDSC_0753.jpg

利益が出ない、業績が悪い会社は何が悪いのでしょうか?
それは経営《者》がいないのです。
経営する人、経営感覚のある人、たくさん勉強している人がいないからなのですね。
その為に、経営知識・経営情報・経営ノウハウを知恵として、全社で学ぶ。
これが他社との差別化となるのです。
DSC_0755.jpgDSC_0756.jpgDSC_0758.jpgDSC_0764.jpgDSC_0778.jpgDSC_0774.jpg
成功している人は成功するように経営をし、失敗している人は失敗するように経営をしている。
そこには原理原則があるのです。
経営には変わってはいけない事と変わらなければいけない事があります。
創客は変えてはならない!顧客を創造せよ!!
顧客は現場にあり、戦略も現場にあるのです。
そして、お客様の声を聞き、ニーズやウォンツはどんどん変わっていく。
経営する為には情報は命であり、情報なきところに戦略は立たないのです。


売上げを上げる目的とは何なのでしょうか?
それは利益を出す為ですね。
利益を出すには「入りを増やして、出を減らす」
しかし、売上は入りではないのです。
入りとは粗利益であり、ここを意識して行かなければいけないですね。
その為に未来投資費を使い、思考回路を未来思考とする。
その考えや行動が戦略思考となっていくのですね。
DSC_0777.jpgDSC_0779.jpgDSC_0780.jpgDSC_0781.jpg


ビジネスの主役とは、「商品・技術・サービス」である!
会社にはコストしか発生しない。
利益はお客様が運んで来てくれるのです。
お客様が商品・技術・サービスを求めて。
DSC_0783.jpgDSC_0784.jpgDSC_0785.jpgDSC_0787.jpg
ビジネスは「誰に、何を、どうやって売るのか?」
これが他社と同じでは価格競争化してしまいます。
我が社とお客様の間で価値交換の出来る商品開発が必要であり、我が社にしかない付加価値が必要になるのです。


今回は裏方さんもご紹介。
私達が深く学ばせて頂いている中、裏方さんは常に動いてくれています。
本当に感謝ですよね。
DSC_0788.jpgDSC_0790.jpg


理念と経営のディスカッション。
この教材で一番良い「お客様の喜びをつくれ!」(22P)
記事を書いている方がとっても良いので、超おススメページです(笑)
5月号では有限会社ARCHE(アルシュ)の特集。
そうなんです、南大阪経営研究会の鈴木社長の会社ですね。
アルシュ様の体験からくる成功要因は何だったのか?
それを皆さんが真剣にテーブルディスカッション。
鈴木社長は自社を「美容業」ではなく「心地良さの提供業」と位置づけ、大切なお客様の一生涯のパートナーとして感動を追及されています。
スゴイですね!!
DSC_0791.jpgDSC_0793.jpgDSC_0794.jpgDSC_0795.jpg


懇談会では第2部として、企業事例の発表がありました。
株式会社 堀内機械 の藤本様と大槻様が発表をして下さいました。
自社の事を良く理解されており、変動費と固定費を管理され、見事に業績向上に努められています。
このような社員さんがいてくれると、会社は強くなれますよね!
DSC_0811.jpgDSC_0824.jpg


大切な事はコストイノベーション。
コスト削減はNGであり、意思あるコストを使う必要がある。
売上が下がった場合、なぜ下がったのかが分からなければ何も変えられない。
その為にはコストマネジメントが大切なんですね。
DSC_0817.jpgDSC_0834.jpg


損益構造が分からなければ、損か益かも分からない。
固変分解する事で業績は変わるのです。
計画を立て、実行し、何が良かった・悪かったをチェックし、それを修正する。
つまりはマネジメントサイクルをしっかりとする事が重要となるのです。
何を、いつまでに、どんな事を、どのように行うか。
これをしっかりと管理する事で業績は変わるのですね。
いやぁ~、とても勉強になりました。
DSC_0832.jpgDSC_0836.jpg


今回は社員さんが64名も参加され、社員さんと学ぶ風土がしっかりとしている。
最後の土肥会長の挨拶にも熱が入っていました。
DSC_0841.jpg


そんな素晴らしい例会を開催されたのは、業績アップ委員会の皆様方でした。
本当にお疲れ様でした!
DSC_0843.jpg


次回は7月28日(金)

南大阪経営計画発表大会が開催されます
場所は岸和田市立浪切ホール

13:00~ 経営者の為の財務勉強会

15:30~ 南大阪経営発表大会


是非ご参加くださいね!