経営計画書作成 第2回


【 委員会内容 】

経営ビジョンの枠組みは、『したいこと』 『出来ること』 『するべきこと』 です。
すべての経営活動の基準ともいえる経営理念を確認すれば、次に将来の企業像を
ハッキリさせる『したいこと』 『なりたいこと』 だけでなく、『我社の経営戦略』 について
考えなければなりません。
そして戦略課題としては、 『経営ビジョン』 実現に向けて中期的に取り組むべき
『会社の構造や体質を変革していく大きな課題』 達成されればビジョンの実現となる
この課題の取り組むが将来の勝ちを握るカギになります。
そのためには、今回のポートフォリオ分析を通して自社の内部状況と自社を取り巻く
外部環境を正しく認識して、自社の弱みを強みに変えることで自社にとって最適・
最強の戦略が経営計画として具体化できるのです。


① 経営環境の予測・分析 『するべきこと』 を検討する

     『マクロ要因分析』 と 『ミクロ要因分析』


② 自社能力の評価・分析 『出来ること』 を確認する

     『定性的分析』 と 『定量的分析』


【 講師紹介 】

講  師  名 : 島 信司 (しま しんじ)
            有限会社 野間田鍍金工場  代表取締役
            株式会社 ピクシス プライベートスクール 代表取締役
業      種 : 溶融亜鉛鍍金加工・製品製造販売
          学習塾・カルチャースクール・ブリザーブドフラワー販売
日創研受講暦 : 1997年10TT、経営理念塾、経営問答塾、業績アップ、業績アップ上級
           1998~2006年 実践管理者研修 ・ ディレクター
           1999~2007年 業績アップ研修 ・ アドバイザー
           2000~2006年 営業スキル研修 ・ サポーター
          
           2006~2007年 日創研南大阪経営研究会 顧問
           2004~2007年 日創研経営研究会 本部
                          全国経営発表大会実行委員長
           2007年~    日創研経営研究会 本部レクチャラー


【 開催日時 】
日 時 : 平成19年4月19日(木)
      受付開始 18:10
      閉会宣言 20:30

場 所 : じばしん南大阪 セミナー室2
          堺市北区長曽根町183-5
          TEL 072-255-0111


senryakuiinkai.jpg