南大阪経営研究会10月度例会

~三位一体経営の実践で自社の強みを創りだす~

学びのポイント

1.幹部、社員さんによる事例発表から三位一体経営を学ぶ
2.三位一体経営から自社の強みのヒントを学ぶ
3.事例発表から、自社の三位一体経営に落とし込む

三位一体事例発表者

株式会社コージツ 別府 哲氏   (運送業)
式会社アン    原 隆之氏    (美容業)

講 師

株式会社日本創造教育研究所
経営コンサルティング部門 主任研究員
古永 康夫氏

日 時  平成26年10月24日(金)
      受付時間13時から
      例会   13時~20時
      懇親会  20時10分~22時 

場 所  ホテル第一堺


昨年の三位一体経営発表の感想

古永講師の講義を聞かせて頂き、沢山の事を学ぶ事が出来ました。

 会社は一人の力ではなく、社長、幹部、社員が三位一体となり力を発揮してこそ強い会社になるということ。

また、そのための仕組みつくりもあり、それぞれがどの役割をするのかが明確であるからこそ、スピード感もあり、他社にはない、自社の強みを最大に発揮できるオンリーワンの経営が出来るということ。

また、そういう会社だからこそ、お客様に喜ばれ、感動して頂けるのだと感じました。

 

又、物研さん、アルシュさんの幹部の発表を聞かせて頂いて

私も働かせて頂いている会社で、仕組みつくりをし、全スタッフで三位一体経営をもっと学び、強いチームワークで、お客様に喜びと感動を与えられる会社にしたい!と強く感じました。

ありがとうございました。

 

株式会社seed  りんくう店 店長  梶原千花


南大阪様_チラシ10月_140819.jpg